Some remarks on Kashkay syntax.

Research output: Contribution to journalArticle

Cite this

@article{9aec7b58d8f44e019863478eb1df298b,
title = "Some remarks on Kashkay syntax.",
author = "Yuu Kuribayashi",
year = "2005",
language = "English",
pages = "339--353",
journal = "『チュルク系諸言語における接触と変容のメカニズムに関する調査研究』(課題番号:14251019) 平成14年度?平成16年度 科学研究費補助金 (基盤研究(A)(1)) 研究成果報告書 東京大学",

}

TY - JOUR

T1 - Some remarks on Kashkay syntax.

AU - Kuribayashi, Yuu

PY - 2005

Y1 - 2005

M3 - Article

SP - 339

EP - 353

JO - 『チュルク系諸言語における接触と変容のメカニズムに関する調査研究』(課題番号:14251019) 平成14年度?平成16年度 科学研究費補助金 (基盤研究(A)(1)) 研究成果報告書 東京大学

JF - 『チュルク系諸言語における接触と変容のメカニズムに関する調査研究』(課題番号:14251019) 平成14年度?平成16年度 科学研究費補助金 (基盤研究(A)(1)) 研究成果報告書 東京大学

ER -