就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第2報):世帯収入と希望する経済支援

Translated title of the contribution: Sociological factors in pregnant employees and declining birthrate: Family income and financial aid

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

Increasing nmbers of poor families and an income disparity are social-issues in Japan. Various sociological factors including low family income may cause declining birthrate. A questionnairing on these problems was conducted on 536 pregnant women in Okayama Prefecture, Japan. From the perspective of family income, subjects consist of the lowest class (less than 2 million yen/year: 2.7%), lower middle class (2 to 5 million yen/year: 57.3%), upper middle class (5-8 million yen/year: 29.3%), upper class (8 million yen/year or more: 10.7%). More working pregnant women and houses of their own were observed in high-income families. Pregnant women in low-income families desired financial aid to have more children. Pregnant women in high-income families desired improved working condition and more day nurseries. Pregnant women in high-income families hesitated about having more children because of uneasiness about child rearing and increasing crime rate. Respondents considered to have 2.07 children in average under the present condition. Women in high-income families are considered to be able to have significantly more children than women in lower-income families. Pregnant women in low-income families disire significantly more child-support allowance than pregnant women in high-income families. However, there is no significant difference in expected maternity benefit among 4 classes. Financial aids and support for re-employment of women should be required for women in low-income families.
Original languageJapanese
Pages (from-to)253-260
Number of pages8
Journal母性衛生
Volume49
Issue number2
Publication statusPublished - 2008

Fingerprint

Pregnant Women
Sociological Factors
Japan
Child Rearing
Working Women
Financial Support
Nurseries
Crime

Cite this

@article{5a8a9d9d9a634d7eb8fe76846126d7ca,
title = "就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第2報):世帯収入と希望する経済支援",
abstract = "日本においては所得の格差が進行し,若年層には貧困層が拡大していることが報告されている。今回,妊婦の就労状況や経済的な背景と「子どもを産むこと」への意識について調査し,少子化対策として,経済的な問題の解決の必要性を検討した。妊娠22週以降の妊婦536例(初産婦292例,経産婦244例)を対象とし,2006年8〜9月,同意のもと,無記名の自己記入式質問紙調査を施行した。世帯の総年収の多い群ほど妊婦が就労している割合が高く,持ち家率は高かった。子どもをもつうえでの支障として経済的負担をあげる率は低所得群で高かったが,高所得群でも約5割にみられた。また,高所得群では,子どもをもつうえでの支障として就労条件・託児をあげる率が高かった。現在,もつことが可能と考える子どもの数には,世帯の年収による格差がみられた。希望する出産育児一時金は約40万円で世帯の年収による差はみられなかったが,児童手当は低所得群ほど高額で長期間の給付を希望していた。世帯の総年収は子どもの数に直結しており,少子化対策としては児童手当の適応拡大,増額,期間の延長,また,労働条件,託児条件の改善による女性の就労促進が必要である。",
author = "Mikiya Nakatsuka",
year = "2008",
language = "Japanese",
volume = "49",
pages = "253--260",
journal = "母性衛生",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 就労妊婦の社会環境と子どもを持つことへの意識(第2報):世帯収入と希望する経済支援

AU - Nakatsuka, Mikiya

PY - 2008

Y1 - 2008

N2 - 日本においては所得の格差が進行し,若年層には貧困層が拡大していることが報告されている。今回,妊婦の就労状況や経済的な背景と「子どもを産むこと」への意識について調査し,少子化対策として,経済的な問題の解決の必要性を検討した。妊娠22週以降の妊婦536例(初産婦292例,経産婦244例)を対象とし,2006年8〜9月,同意のもと,無記名の自己記入式質問紙調査を施行した。世帯の総年収の多い群ほど妊婦が就労している割合が高く,持ち家率は高かった。子どもをもつうえでの支障として経済的負担をあげる率は低所得群で高かったが,高所得群でも約5割にみられた。また,高所得群では,子どもをもつうえでの支障として就労条件・託児をあげる率が高かった。現在,もつことが可能と考える子どもの数には,世帯の年収による格差がみられた。希望する出産育児一時金は約40万円で世帯の年収による差はみられなかったが,児童手当は低所得群ほど高額で長期間の給付を希望していた。世帯の総年収は子どもの数に直結しており,少子化対策としては児童手当の適応拡大,増額,期間の延長,また,労働条件,託児条件の改善による女性の就労促進が必要である。

AB - 日本においては所得の格差が進行し,若年層には貧困層が拡大していることが報告されている。今回,妊婦の就労状況や経済的な背景と「子どもを産むこと」への意識について調査し,少子化対策として,経済的な問題の解決の必要性を検討した。妊娠22週以降の妊婦536例(初産婦292例,経産婦244例)を対象とし,2006年8〜9月,同意のもと,無記名の自己記入式質問紙調査を施行した。世帯の総年収の多い群ほど妊婦が就労している割合が高く,持ち家率は高かった。子どもをもつうえでの支障として経済的負担をあげる率は低所得群で高かったが,高所得群でも約5割にみられた。また,高所得群では,子どもをもつうえでの支障として就労条件・託児をあげる率が高かった。現在,もつことが可能と考える子どもの数には,世帯の年収による格差がみられた。希望する出産育児一時金は約40万円で世帯の年収による差はみられなかったが,児童手当は低所得群ほど高額で長期間の給付を希望していた。世帯の総年収は子どもの数に直結しており,少子化対策としては児童手当の適応拡大,増額,期間の延長,また,労働条件,託児条件の改善による女性の就労促進が必要である。

M3 - Article

VL - 49

SP - 253

EP - 260

JO - 母性衛生

JF - 母性衛生

IS - 2

ER -