In situ ハイブリダイゼイションによる染色体マッピング

Minoru Murata

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)1-7
Number of pages7
Journal新しいバイオテクノロジーによる病原及び宿主遺伝子の動向
Publication statusPublished - 1992

Cite this

@article{17ff7c4f277346dbb06f37bb97b7b209,
title = "In situ ハイブリダイゼイションによる染色体マッピング",
author = "Minoru Murata",
year = "1992",
language = "Japanese",
pages = "1--7",
journal = "新しいバイオテクノロジーによる病原及び宿主遺伝子の動向",

}

TY - JOUR

T1 - In situ ハイブリダイゼイションによる染色体マッピング

AU - Murata, Minoru

PY - 1992

Y1 - 1992

M3 - Article

SP - 1

EP - 7

JO - 新しいバイオテクノロジーによる病原及び宿主遺伝子の動向

JF - 新しいバイオテクノロジーによる病原及び宿主遺伝子の動向

ER -