CT-1-2 高温超伝導SQUIDを用いた磁化率計開発(CT-1.発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来,チュートリアルセッション,ソサイエティ企画)

Translated title of the contribution: CT-1-2 Development of a susceptometer using high-T_C SQUID system

紀和 利彦, 堺 健司, マワルディ モハマド, 塚田 啓二

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)"SS-13"-"SS-15"
Journal電子情報通信学会総合大会講演論文集
Volume2015
Issue number2
Publication statusPublished - Feb 24 2015
Externally publishedYes

Cite this

CT-1-2 高温超伝導SQUIDを用いた磁化率計開発(CT-1.発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来,チュートリアルセッション,ソサイエティ企画). / 紀和利彦; 堺健司; モハマド, マワルディ; 塚田啓二.

In: 電子情報通信学会総合大会講演論文集, Vol. 2015, No. 2, 24.02.2015, p. "SS-13"-"SS-15".

Research output: Contribution to journalArticle

@article{be74ad20fbcd4bcfbb2a68efb2b1ea3e,
title = "CT-1-2 高温超伝導SQUIDを用いた磁化率計開発(CT-1.発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来,チュートリアルセッション,ソサイエティ企画)",
author = "利彦 紀和 and 健司 堺 and マワルディ モハマド and 啓二 塚田",
year = "2015",
month = "2",
day = "24",
language = "Japanese",
volume = "2015",
pages = "{"}SS--13{"}--{"}SS--15{"}",
journal = "電子情報通信学会総合大会講演論文集",
publisher = "一般社団法人電子情報通信学会",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - CT-1-2 高温超伝導SQUIDを用いた磁化率計開発(CT-1.発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来,チュートリアルセッション,ソサイエティ企画)

AU - 紀和, 利彦

AU - 堺, 健司

AU - モハマド, マワルディ

AU - 塚田, 啓二

PY - 2015/2/24

Y1 - 2015/2/24

UR - http://ci.nii.ac.jp/naid/110009927031

M3 - Article

VL - 2015

SP - "SS-13"-"SS-15"

JO - 電子情報通信学会総合大会講演論文集

JF - 電子情報通信学会総合大会講演論文集

IS - 2

ER -