Find Research Outputs

Search in all content

Filters for Research Output

Search concepts
Selected filters

高梁市の高原部に住む高齢女性の暮らし

Nobe, M., 2000, In : 岡山大学教育学部研究集録. issue 113, p. 69-85 17 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁市の高原部に住む一人暮らしの高齢女性の生活

Nobe, M., 2000, In : 岡山大学教育学部研究集録. issue 114, p. 47-57 11 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁市の市街地に住む高齢女性の暮らし(その2)

Nobe, M., 2001, In : 岡山大学教育学部研究集録. issue 117, p. 35-41 7 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁市の市街地に住む高齢女性の暮らし(その1)

Nobe, M., 2001, In : 岡山大学教育学部研究集録. issue 116, p. 43-53 11 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁川東西用水工事の事業費に関する研究

樋口輝久 & 横山亜美, 2018, In : 土木史研究(講演集). Vol.38, p. 367-372 4 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁川東西用水創立100周年記念誌

樋口輝久, 小西伸彦 & 原孝史, 2019, 高梁川東西用水組合. 82 p.

Research output: Book/ReportBook

高梁川東西用水における酒津樋門と各用水路の設計経緯

戸谷宥貴, 樋口輝久 & 馬場俊介, 2015, In : 土木史研究. 講演集. 35, p. 229-236 8 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁川東西用水における各用水路と酒津樋門の設計過程

戸谷宥貴, 樋口輝久 & 馬場俊介, 2017, In : 土木学会論文集D2(土木史). 第73巻, No.1, p. 42-53 12 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高梁川と小田川の合流点付け替えの効果

Maeno, S., 2007, In : 水工学論文集. 51, p. 613-618 6 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生の齲蝕罹患と齲蝕活動性試験(カリオスタット)との関係

Hirano, K., 1994, In : 小児歯科学雑誌. 32, 2, p. 397-397 1 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生の運動部所属の有無が生活・健康状況に及ぼす影響

Ochi, E., 2008, In : 日本体育大学体育研究所雑誌. 34, 1, p. 87-93 7 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生の生活の中での携帯電話:依存と身体・精神的疲労感

Nakatsuka, M., 2011, In : 岡山県母性衛生. 27, p. 47-48 2 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生の歯周炎予防における電動歯ブラシの比較

Yamanaka, R., 2008, In : 口腔衛生学会雑誌. 58, 2, p. 125-133 9 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生の問題行動と対人関係における信頼感の関連

Andou, M., 2004, In : 学校保健研究. 46, 1, p. 44-58 15 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生の健康習慣に関する意識、知識、態度について

Monden, S., 2004, In : 栄養学雑誌. 62, 1, p. 9-18 10 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生のいじめの認識に関する研究-高校生・養護教諭・母親間の比較検討-

Andou, M., 2003, In : 学校保健研究. 44, 6, p. 508-520 13 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校生における自覚症状の訴え数と肥満度に関連するライフスタイル要因の検討

Monden, S., 2007, In : 学校保健研究. Vol.49, issue 5, p. 373-384 12 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校スキー選手の外傷・障害調査

Ochi, E., 2013, In : スキー学会誌. Vol.23, issue 1, p. 45-48 4 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高校の数学授業実践を通じたデジタルペンシステムの効果

Sugihara, T., 2013, In : 情報処理学会論文誌. 54, 1, p. 192-201 10 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高木家文書の高度活用における関連文書調査の意義

Saito, N., 2010, In : 名古屋大学附属図書館研究年報. 8, p. 39-50 12 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高強度域を考慮した乾燥収縮ひずみおよびクリープ予測式の提案

阪田憲次, 椿龍哉, 井上正一 & Ayano, T., 2001, In : 土木学会論文集. V-53, No. 690, p. 1-19 19 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高強度レーザー衝撃圧縮を用いたメガバール領域における水の状態方程式計測(共著)

Okuchi, T., 2011, In : 遊星人. 20, 1, p. 36-41 6 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高強度コンクリートのクリープ

Ayano, T., 2000, In : 308委員会報告書.

Research output: Contribution to journalArticle

高度蛋白尿をともない急性発症した遅発型重症妊娠中毒症の1症例

Masuyama, H., 2002, In : 産婦人科の実際. 51, 10, p. 1461-1464 4 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高度蛋白尿をともない急性発症した遅発型重症妊娠中毒症の1症例

Hiramatsu, Y., 2002, In : 産婦人科の実際. 51, 10, p. 1461-1464 4 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高度蛋白尿をともない急性発症した遅発型重症妊娠中毒症の1症例

Sugiyama, H., 2002, In : 産婦人科の実際. 51, (10), p. 1461-1464 4 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高度後弯変形をきたした強直性脊椎炎に対して骨切り術を行った 1 例

Ozaki, T., 2011, In : 中部整災誌. Vol.54, 6, p. 1231-1232 2 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高度後弯変形をきたした強直性脊椎炎に対して骨切り術を行った 1 例

Tanaka, M., 2011, In : 中部整災誌. Vol.54, 6, p. 1231-1232 2 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高専における国際理解教育促進に関する一考察

Satoh, D., 2006, In : 詫間電波工業高等専門学校研究紀要. 34, p. 13-17 5 p.

Research output: Contribution to journalArticle

高密度充填用グラスアイオノマーの歯質接着性と機械的強さ

Irie, M., 1997, In : 歯科材料・器械. 16, Extra issue 30, p. 59-59 1 p.

Research output: Contribution to journalArticle