2009年におけるスギ花粉症に対する第2世代抗ヒスタミン薬による初期療法の有用性―JRQLQ No.1を用いたQOL評価―.

Mitsuhiro Okano

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)102-108
Number of pages7
Journalアレルギー・免疫
Volume17
Issue number1
Publication statusPublished - 2010

Cite this

@article{cc81bbc2474347b0a5f4d82d81ac745d,
title = "2009年におけるスギ花粉症に対する第2世代抗ヒスタミン薬による初期療法の有用性―JRQLQ No.1を用いたQOL評価―.",
author = "Mitsuhiro Okano",
year = "2010",
language = "Japanese",
volume = "17",
pages = "102--108",
journal = "アレルギー・免疫",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - 2009年におけるスギ花粉症に対する第2世代抗ヒスタミン薬による初期療法の有用性―JRQLQ No.1を用いたQOL評価―.

AU - Okano, Mitsuhiro

PY - 2010

Y1 - 2010

M3 - Article

VL - 17

SP - 102

EP - 108

JO - アレルギー・免疫

JF - アレルギー・免疫

IS - 1

ER -