2次統計量の線分スペクトル分解-テクスチャ性からの手書き文字個人性情報の抽出

Takeshi Shakunaga, Hiroshi Kaneko, Eiji Yodogawa

Research output: Contribution to journalArticle

Abstract

日本語の文字集合が持つテクスチャ性から個人性情報を抽出する方法を提案している。
具体的には、人間の初期知覚で有効とされる2次統計量を高次統計化した方法(線分スペクトル分解)を用い、50文字程度の手書き文字集合の持つテクスチャの相違を利用した個人識別が可能であることを示している。
Original languageJapanese
Pages (from-to)488-495
Number of pages8
Journal電子通信学会論文誌
VolumeJ67-D
Issue number4
Publication statusPublished - 1984
Externally publishedYes

Cite this