骨粗鬆症患者に生じた脊椎圧迫骨折後の偽関節に対する後方 instrumentation を併用した椎体形成 ―合併症を中心として―.

Masato Tanaka

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)48-50
Number of pages3
Journal日本脊椎インストゥルメンテーション学会誌
Volume5
Issue number1
Publication statusPublished - 2006

Cite this

@article{5ee70a8eca164fad931fff90214f1922,
title = "骨粗鬆症患者に生じた脊椎圧迫骨折後の偽関節に対する後方 instrumentation を併用した椎体形成 ―合併症を中心として―.",
author = "Masato Tanaka",
year = "2006",
language = "Japanese",
volume = "5",
pages = "48--50",
journal = "日本脊椎インストゥルメンテーション学会誌",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - 骨粗鬆症患者に生じた脊椎圧迫骨折後の偽関節に対する後方 instrumentation を併用した椎体形成 ―合併症を中心として―.

AU - Tanaka, Masato

PY - 2006

Y1 - 2006

M3 - Article

VL - 5

SP - 48

EP - 50

JO - 日本脊椎インストゥルメンテーション学会誌

JF - 日本脊椎インストゥルメンテーション学会誌

IS - 1

ER -