非小細胞肺がんで病期Ⅲ期以上と診断され初回治療(化学療法・放射線治療)を受ける患者に対する心理的な看護介入の効果

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Journal日本がん看護学会誌
Volume29
Issue number2
Publication statusPublished - 2015

Cite this

@article{bc6ee09b09ec46f0bc6cb3a0177fe4d2,
title = "非小細胞肺がんで病期Ⅲ期以上と診断され初回治療(化学療法・放射線治療)を受ける患者に対する心理的な看護介入の効果",
author = "Michiko Morimoto",
year = "2015",
language = "Japanese",
volume = "29",
journal = "日本がん看護学会誌",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 非小細胞肺がんで病期Ⅲ期以上と診断され初回治療(化学療法・放射線治療)を受ける患者に対する心理的な看護介入の効果

AU - Morimoto, Michiko

PY - 2015

Y1 - 2015

M3 - Article

VL - 29

JO - 日本がん看護学会誌

JF - 日本がん看護学会誌

IS - 2

ER -