農薬・医薬のリード化合物として有望な微生物由来新規グリコシダーゼ阻害剤の培養生産方法の検討

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)68-76
Number of pages9
Journal財団法人両備?園記念財団 生物学に関する試験研究論叢
Volume28
Publication statusPublished - 2013

Cite this

@article{bc2be1090703415f9a7dcf42bdced6e8,
title = "農薬・医薬のリード化合物として有望な微生物由来新規グリコシダーゼ阻害剤の培養生産方法の検討",
author = "Teruhiko Nitoda",
year = "2013",
language = "Japanese",
volume = "28",
pages = "68--76",
journal = "財団法人両備?園記念財団 生物学に関する試験研究論叢",

}

TY - JOUR

T1 - 農薬・医薬のリード化合物として有望な微生物由来新規グリコシダーゼ阻害剤の培養生産方法の検討

AU - Nitoda, Teruhiko

PY - 2013

Y1 - 2013

M3 - Article

VL - 28

SP - 68

EP - 76

JO - 財団法人両備?園記念財団 生物学に関する試験研究論叢

JF - 財団法人両備?園記念財団 生物学に関する試験研究論叢

ER -