質的看護研究においてリッチなデータを得るための手法?広汎子宮全摘術を経験する子宮がん患者に関する研究過程から?(8)「参加観察法によるデータ収集の実際 (その4)」,

Noriko Akimoto

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)75-84
Number of pages10
JournalQuality Nursing
Volume10
Issue number8
Publication statusPublished - 2004

Cite this