:質的看護研究においてリッチなデータを得るための手法?広汎子宮全摘術を経験する子宮がん患者に関する研究過程から?(5)「参加観察法によるデータ収集の実際 (その2)」,

Noriko Akimoto

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)75-85
Number of pages11
JournalQuality Nursing
Volume10
Issue number5
Publication statusPublished - 2004

Cite this

@article{8050d563c5e44e909110f549546585c5,
title = ":質的看護研究においてリッチなデータを得るための手法?広汎子宮全摘術を経験する子宮がん患者に関する研究過程から?(5)「参加観察法によるデータ収集の実際 (その2)」,",
author = "Noriko Akimoto",
year = "2004",
language = "Japanese",
volume = "10",
pages = "75--85",
journal = "Quality Nursing",
number = "5",

}

TY - JOUR

T1 - :質的看護研究においてリッチなデータを得るための手法?広汎子宮全摘術を経験する子宮がん患者に関する研究過程から?(5)「参加観察法によるデータ収集の実際 (その2)」,

AU - Akimoto, Noriko

PY - 2004

Y1 - 2004

M3 - Article

VL - 10

SP - 75

EP - 85

JO - Quality Nursing

JF - Quality Nursing

IS - 5

ER -