誤振込された預金について銀行が受取人に対する貸付債権をもって相殺することの可否

Shinichi Yoshioka

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)95-98
Number of pages4
Journal判例タイムズ
Issue numberissue 1168
Publication statusPublished - 2005

Cite this

誤振込された預金について銀行が受取人に対する貸付債権をもって相殺することの可否. / Yoshioka, Shinichi.

In: 判例タイムズ, No. issue 1168, 2005, p. 95-98.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{ad368249b34c464d9e24c9bd08918017,
title = "誤振込された預金について銀行が受取人に対する貸付債権をもって相殺することの可否",
author = "Shinichi Yoshioka",
year = "2005",
language = "Japanese",
pages = "95--98",
journal = "判例タイムズ",
number = "issue 1168",

}

TY - JOUR

T1 - 誤振込された預金について銀行が受取人に対する貸付債権をもって相殺することの可否

AU - Yoshioka, Shinichi

PY - 2005

Y1 - 2005

M3 - Article

SP - 95

EP - 98

JO - 判例タイムズ

JF - 判例タイムズ

IS - issue 1168

ER -