腰椎転移による癌性疼痛にモルヒネ徐放剤から一部フェンタニルパッチへの変更が奏効した1症例.

Toshihiro Sasaki

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)140-143
Number of pages4
Journal日本ペインクリニック学会誌
Volume14
Issue number2
Publication statusPublished - 2007

Cite this

@article{813bd78f0c7542058860fbc54150c23c,
title = "腰椎転移による癌性疼痛にモルヒネ徐放剤から一部フェンタニルパッチへの変更が奏効した1症例.",
author = "Toshihiro Sasaki",
year = "2007",
language = "Japanese",
volume = "14",
pages = "140--143",
journal = "日本ペインクリニック学会誌",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 腰椎転移による癌性疼痛にモルヒネ徐放剤から一部フェンタニルパッチへの変更が奏効した1症例.

AU - Sasaki, Toshihiro

PY - 2007

Y1 - 2007

M3 - Article

VL - 14

SP - 140

EP - 143

JO - 日本ペインクリニック学会誌

JF - 日本ペインクリニック学会誌

IS - 2

ER -