腰椎変性疾患に対するインストゥルメンテーション後の隣接椎間の中期変化.

Masato Tanaka

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)135-139
Number of pages5
Journal西日本脊椎研究会誌
Volume30
Issue number2
Publication statusPublished - 2004

Cite this

腰椎変性疾患に対するインストゥルメンテーション後の隣接椎間の中期変化. / Tanaka, Masato.

In: 西日本脊椎研究会誌, Vol. 30, No. 2, 2004, p. 135-139.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{4ede70e7f26d4fd09b80d4e266190b30,
title = "腰椎変性疾患に対するインストゥルメンテーション後の隣接椎間の中期変化.",
author = "Masato Tanaka",
year = "2004",
language = "Japanese",
volume = "30",
pages = "135--139",
journal = "西日本脊椎研究会誌",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 腰椎変性疾患に対するインストゥルメンテーション後の隣接椎間の中期変化.

AU - Tanaka, Masato

PY - 2004

Y1 - 2004

M3 - Article

VL - 30

SP - 135

EP - 139

JO - 西日本脊椎研究会誌

JF - 西日本脊椎研究会誌

IS - 2

ER -