緑膿菌性尿路バイオフィルムin vivo 感染症モデルへのリアルタイムイメージング装置の応用性に関する検討.

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Journal緑膿菌感染症研究会講演記録
Publication statusPublished - 2010

Cite this

@article{d239cf991012453bbdfe965476427afc,
title = "緑膿菌性尿路バイオフィルムin vivo 感染症モデルへのリアルタイムイメージング装置の応用性に関する検討.",
author = "Toyohiko Watanabe",
year = "2010",
language = "Japanese",
journal = "緑膿菌感染症研究会講演記録",

}

TY - JOUR

T1 - 緑膿菌性尿路バイオフィルムin vivo 感染症モデルへのリアルタイムイメージング装置の応用性に関する検討.

AU - Watanabe, Toyohiko

PY - 2010

Y1 - 2010

M3 - Article

JO - 緑膿菌感染症研究会講演記録

JF - 緑膿菌感染症研究会講演記録

ER -