結節性甲状腺腫の良悪性鑑別における201TIシンチグラフィの有用性について血清サイログロブリンと穿刺吸引細胞診の併用との比較検討

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)689-695
Number of pages7
Journal臨床放射線
Volume46
Publication statusPublished - 2001

Cite this

@article{ff4fa47f62114ff58cee64d12cb79459,
title = "結節性甲状腺腫の良悪性鑑別における201TIシンチグラフィの有用性について血清サイログロブリンと穿刺吸引細胞診の併用との比較検討",
author = "Yoshihiro Takeda",
year = "2001",
language = "Japanese",
volume = "46",
pages = "689--695",
journal = "臨床放射線",

}

TY - JOUR

T1 - 結節性甲状腺腫の良悪性鑑別における201TIシンチグラフィの有用性について血清サイログロブリンと穿刺吸引細胞診の併用との比較検討

AU - Takeda, Yoshihiro

PY - 2001

Y1 - 2001

M3 - Article

VL - 46

SP - 689

EP - 695

JO - 臨床放射線

JF - 臨床放射線

ER -