結節性甲状腺腫の良悪性診断における201Tl甲状腺シンチグラフィの有用性について 血清サイログロブリンと穿刺吸引細胞診の併用との比較検討

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)689-695
Number of pages7
Journal臨床放射線
Volume46
Issue number6
Publication statusPublished - 2001

Cite this

@article{94ceb04d25b241d987ad019ac234ef38,
title = "結節性甲状腺腫の良悪性診断における201Tl甲状腺シンチグラフィの有用性について 血清サイログロブリンと穿刺吸引細胞診の併用との比較検討",
author = "Masahiro Kuroda",
year = "2001",
language = "Japanese",
volume = "46",
pages = "689--695",
journal = "臨床放射線",
number = "6",

}

TY - JOUR

T1 - 結節性甲状腺腫の良悪性診断における201Tl甲状腺シンチグラフィの有用性について 血清サイログロブリンと穿刺吸引細胞診の併用との比較検討

AU - Kuroda, Masahiro

PY - 2001

Y1 - 2001

M3 - Article

VL - 46

SP - 689

EP - 695

JO - 臨床放射線

JF - 臨床放射線

IS - 6

ER -