細胞内ヌクレオチドプールの定量による抗ヘルペス化合物(E)-5-(2-Bromovinyl)-2''-deoxyuridin(BVDU)の作用機序の検討(共著)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Journal第35回日本ウイルス学会総会
Publication statusPublished - 1987

Cite this

@article{4facaf46c9d24dc1bd07fe5b3ef9c788,
title = "細胞内ヌクレオチドプールの定量による抗ヘルペス化合物(E)-5-(2-Bromovinyl)-2''-deoxyuridin(BVDU)の作用機序の検討(共著)",
author = "Yuujirou Arao",
year = "1987",
language = "Japanese",
journal = "第35回日本ウイルス学会総会",

}

TY - JOUR

T1 - 細胞内ヌクレオチドプールの定量による抗ヘルペス化合物(E)-5-(2-Bromovinyl)-2''-deoxyuridin(BVDU)の作用機序の検討(共著)

AU - Arao, Yuujirou

PY - 1987

Y1 - 1987

M3 - Article

JO - 第35回日本ウイルス学会総会

JF - 第35回日本ウイルス学会総会

ER -