第一審裁判所で無罪判決を受けた被告人を控訴裁判所が勾留する場合における刑訴法60条1項の「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の判断

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)99-105
Number of pages7
Journal刑事法ジャーナル
Issue number14
Publication statusPublished - 2009

Cite this

@article{ac055f88b982412d99cea39f46d0193a,
title = "第一審裁判所で無罪判決を受けた被告人を控訴裁判所が勾留する場合における刑訴法60条1項の「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の判断",
author = "Kazuyuki Harada",
year = "2009",
language = "Japanese",
pages = "99--105",
journal = "刑事法ジャーナル",
number = "14",

}

TY - JOUR

T1 - 第一審裁判所で無罪判決を受けた被告人を控訴裁判所が勾留する場合における刑訴法60条1項の「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の判断

AU - Harada, Kazuyuki

PY - 2009

Y1 - 2009

M3 - Article

SP - 99

EP - 105

JO - 刑事法ジャーナル

JF - 刑事法ジャーナル

IS - 14

ER -