神経インターフェース技法による心筋細胞死および致死性不整脈防止療法

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)51-54
Number of pages4
Journal第20回生体・生理工学シンポジウム論文集
VolumeBPES2005
Publication statusPublished - 2005

Cite this

@article{7aabd6597ed24b70907c67aa9a43c69f,
title = "神経インターフェース技法による心筋細胞死および致死性不整脈防止療法",
author = "Motonori Ando",
year = "2005",
language = "Japanese",
volume = "BPES2005",
pages = "51--54",
journal = "第20回生体・生理工学シンポジウム論文集",

}

TY - JOUR

T1 - 神経インターフェース技法による心筋細胞死および致死性不整脈防止療法

AU - Ando, Motonori

PY - 2005

Y1 - 2005

M3 - Article

VL - BPES2005

SP - 51

EP - 54

JO - 第20回生体・生理工学シンポジウム論文集

JF - 第20回生体・生理工学シンポジウム論文集

ER -