研究室から診療室へ State of the art,Prosthodontics 臨床家が知っておきたい補綴最新トピックス(第3回)即時修復プロトコル、多数歯欠損と口腔インプラント治療

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Journal補綴臨床
Publication statusPublished - 2010

Cite this

@article{02477d10a3a14727b3f8a161aa70e0ef,
title = "研究室から診療室へ State of the art,Prosthodontics 臨床家が知っておきたい補綴最新トピックス(第3回)即時修復プロトコル、多数歯欠損と口腔インプラント治療",
author = "Takuo Kuboki",
year = "2010",
language = "Japanese",
journal = "補綴臨床",

}

TY - JOUR

T1 - 研究室から診療室へ State of the art,Prosthodontics 臨床家が知っておきたい補綴最新トピックス(第3回)即時修復プロトコル、多数歯欠損と口腔インプラント治療

AU - Kuboki, Takuo

PY - 2010

Y1 - 2010

M3 - Article

JO - 補綴臨床

JF - 補綴臨床

ER -