皮膚由来細胞コラーゲン受容体への結合性を保持したコラーゲンの可溶化法-化粧品材料としてみたコラーゲンの生理的特性

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)72-76
Number of pages5
Journalフレグランスジャーナル
Issue number3
Publication statusPublished - 1995

Cite this

@article{e83c1204899d4e658168ab0527910cb6,
title = "皮膚由来細胞コラーゲン受容体への結合性を保持したコラーゲンの可溶化法-化粧品材料としてみたコラーゲンの生理的特性",
author = "Tomoko Yonezawa",
year = "1995",
language = "Japanese",
pages = "72--76",
journal = "フレグランスジャーナル",
number = "3",

}

TY - JOUR

T1 - 皮膚由来細胞コラーゲン受容体への結合性を保持したコラーゲンの可溶化法-化粧品材料としてみたコラーゲンの生理的特性

AU - Yonezawa, Tomoko

PY - 1995

Y1 - 1995

M3 - Article

SP - 72

EP - 76

JO - フレグランスジャーナル

JF - フレグランスジャーナル

IS - 3

ER -