生体肝移植後の小児に対する抗サイトメガロウイルス化学療法剤バルガンシクロビルの至適投与量と発達薬理学的パラメータの関連性.

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)1413-1416
Number of pages4
Journal日本病院薬剤師会雑誌
Volume47
Issue number11
Publication statusPublished - 2011

Cite this

@article{d75735862c8243789108ad4cea797fca,
title = "生体肝移植後の小児に対する抗サイトメガロウイルス化学療法剤バルガンシクロビルの至適投与量と発達薬理学的パラメータの関連性.",
author = "Toshiaki Sendou",
year = "2011",
language = "Japanese",
volume = "47",
pages = "1413--1416",
journal = "日本病院薬剤師会雑誌",
number = "11",

}

TY - JOUR

T1 - 生体肝移植後の小児に対する抗サイトメガロウイルス化学療法剤バルガンシクロビルの至適投与量と発達薬理学的パラメータの関連性.

AU - Sendou, Toshiaki

PY - 2011

Y1 - 2011

M3 - Article

VL - 47

SP - 1413

EP - 1416

JO - 日本病院薬剤師会雑誌

JF - 日本病院薬剤師会雑誌

IS - 11

ER -