特集 診断技術の進歩に貢献する分析化学 「自己採取試料による検査システムの現状と将来」

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)530-536
Number of pages7
Journalぶんせき
Issue number10
Publication statusPublished - 2007

Cite this

@article{2fb55ce0fd57473ebdaefae34e3be028,
title = "特集 診断技術の進歩に貢献する分析化学 「自己採取試料による検査システムの現状と将来」",
author = "Shougo Takashiba",
year = "2007",
language = "Japanese",
pages = "530--536",
journal = "ぶんせき",
number = "10",

}

TY - JOUR

T1 - 特集 診断技術の進歩に貢献する分析化学 「自己採取試料による検査システムの現状と将来」

AU - Takashiba, Shougo

PY - 2007

Y1 - 2007

M3 - Article

SP - 530

EP - 536

JO - ぶんせき

JF - ぶんせき

IS - 10

ER -