「父としての《美》、母としての自然、そのて子としての《崇高》-ワーズワージアン・サブライム再考-(その2)」

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)41-59
Number of pages19
Journal『岡山大学教養部紀要』
Issue number34
Publication statusPublished - 1994

Cite this

@article{54c05f772d854322bfa1bfebfed3c480,
title = "「父としての《美》、母としての自然、そのて子としての《崇高》-ワーズワージアン・サブライム再考-(その2)」",
author = "Kazuya Okada",
year = "1994",
language = "Japanese",
pages = "41--59",
journal = "『岡山大学教養部紀要』",
number = "34",

}

TY - JOUR

T1 - 「父としての《美》、母としての自然、そのて子としての《崇高》-ワーズワージアン・サブライム再考-(その2)」

AU - Okada, Kazuya

PY - 1994

Y1 - 1994

M3 - Article

SP - 41

EP - 59

JO - 『岡山大学教養部紀要』

JF - 『岡山大学教養部紀要』

IS - 34

ER -