沖縄津堅島方言における「に」格助詞相当助詞の記述的研究-動作・作用成立に関与する対象・結果・目的表示機能を中心に-

Satomi Matayoshi

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)153-162
Number of pages10
Journal広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部
Issue number55
Publication statusPublished - 2007

Cite this

@article{b0bdf9b3167d4d8fa75976d9d6e08535,
title = "沖縄津堅島方言における「に」格助詞相当助詞の記述的研究-動作・作用成立に関与する対象・結果・目的表示機能を中心に-",
author = "Satomi Matayoshi",
year = "2007",
language = "Japanese",
pages = "153--162",
journal = "広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部",
number = "55",

}

TY - JOUR

T1 - 沖縄津堅島方言における「に」格助詞相当助詞の記述的研究-動作・作用成立に関与する対象・結果・目的表示機能を中心に-

AU - Matayoshi, Satomi

PY - 2007

Y1 - 2007

M3 - Article

SP - 153

EP - 162

JO - 広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部

JF - 広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部

IS - 55

ER -