「機制としてのディスコミュニケーション――教科書教材を「読む」・安房直子『きつねの窓』論」

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)20-35
Number of pages16
Journal「岡山大学国語研究」
Issue numberissue 18
Publication statusPublished - 2004

Cite this

@article{4cc3c6b904844bc4853980e1105c9622,
title = "「機制としてのディスコミュニケーション――教科書教材を「読む」・安房直子『きつねの窓』論」",
author = "Takumi Kimura",
year = "2004",
language = "Japanese",
pages = "20--35",
journal = "「岡山大学国語研究」",
number = "issue 18",

}

TY - JOUR

T1 - 「機制としてのディスコミュニケーション――教科書教材を「読む」・安房直子『きつねの窓』論」

AU - Kimura, Takumi

PY - 2004

Y1 - 2004

M3 - Article

SP - 20

EP - 35

JO - 「岡山大学国語研究」

JF - 「岡山大学国語研究」

IS - issue 18

ER -