新規抗菌薬TDMガイドラインのバンコマイシン治療域における2種の母集団薬物動態パラメー ターに関する予測精度評価 -年齢、性別、腎機能および血清クレアチニン値補正を考慮した初期投与設計-

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)104-108
Number of pages5
Journal岡山県病院薬剤師会会報
Volume55
Publication statusPublished - 2013

Cite this

@article{0c6e9beca3544146a04c6a84592798a3,
title = "新規抗菌薬TDMガイドラインのバンコマイシン治療域における2種の母集団薬物動態パラメー ターに関する予測精度評価 -年齢、性別、腎機能および血清クレアチニン値補正を考慮した初期投与設計-",
author = "Toshiaki Sendou",
year = "2013",
language = "Japanese",
volume = "55",
pages = "104--108",
journal = "岡山県病院薬剤師会会報",

}

TY - JOUR

T1 - 新規抗菌薬TDMガイドラインのバンコマイシン治療域における2種の母集団薬物動態パラメー ターに関する予測精度評価 -年齢、性別、腎機能および血清クレアチニン値補正を考慮した初期投与設計-

AU - Sendou, Toshiaki

PY - 2013

Y1 - 2013

M3 - Article

VL - 55

SP - 104

EP - 108

JO - 岡山県病院薬剤師会会報

JF - 岡山県病院薬剤師会会報

ER -