教科教育・教科内容・教育実習の統合を目指す中等学校教員養成家庭科カリキュラム構築の試み-教員養成の課題としての「教科教育と教科専門を架橋する教育研究領域」確立の視点から-

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)19-30
Number of pages12
Journal日本教科教育学会誌
Volume35
Issue number2
Publication statusPublished - 2012

Cite this

@article{5b7ff19f46ad4c5b8523132c8d440494,
title = "教科教育・教科内容・教育実習の統合を目指す中等学校教員養成家庭科カリキュラム構築の試み-教員養成の課題としての「教科教育と教科専門を架橋する教育研究領域」確立の視点から-",
author = "Sono Satou",
year = "2012",
language = "Japanese",
volume = "35",
pages = "19--30",
journal = "日本教科教育学会誌",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 教科教育・教科内容・教育実習の統合を目指す中等学校教員養成家庭科カリキュラム構築の試み-教員養成の課題としての「教科教育と教科専門を架橋する教育研究領域」確立の視点から-

AU - Satou, Sono

PY - 2012

Y1 - 2012

M3 - Article

VL - 35

SP - 19

EP - 30

JO - 日本教科教育学会誌

JF - 日本教科教育学会誌

IS - 2

ER -