救急活動における病院収容時間と除細動実施が救命率に与える影響について:ウツタイン統計データによる2方程式プロビット・モデル分析

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)50-69
Number of pages20
Journal医療経済研究
Volume25
Issue number1
Publication statusPublished - 2013

Cite this

@article{ea466b1ef236497c83d8738991a4f618,
title = "救急活動における病院収容時間と除細動実施が救命率に与える影響について:ウツタイン統計データによる2方程式プロビット・モデル分析",
author = "Masaki Narukawa",
year = "2013",
language = "Japanese",
volume = "25",
pages = "50--69",
journal = "医療経済研究",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - 救急活動における病院収容時間と除細動実施が救命率に与える影響について:ウツタイン統計データによる2方程式プロビット・モデル分析

AU - Narukawa, Masaki

PY - 2013

Y1 - 2013

M3 - Article

VL - 25

SP - 50

EP - 69

JO - 医療経済研究

JF - 医療経済研究

IS - 1

ER -