描画対象物に対する知識および描画表現の目的が作品に与える影響-医学標本を用いた実験をとおして-

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)93-100
Number of pages8
Journal大学美術教育学会誌
Issue number46
Publication statusPublished - 2014

Cite this

@article{32772e355a504ea0a473c29ee1b97315,
title = "描画対象物に対する知識および描画表現の目的が作品に与える影響-医学標本を用いた実験をとおして-",
author = "Tetsuo Kiyota",
year = "2014",
language = "Japanese",
pages = "93--100",
journal = "大学美術教育学会誌",
number = "46",

}

TY - JOUR

T1 - 描画対象物に対する知識および描画表現の目的が作品に与える影響-医学標本を用いた実験をとおして-

AU - Kiyota, Tetsuo

PY - 2014

Y1 - 2014

M3 - Article

SP - 93

EP - 100

JO - 大学美術教育学会誌

JF - 大学美術教育学会誌

IS - 46

ER -