《推量》と《説明》―テクストにおける「にちがいない」をともなう文の機能―

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)23-38
Number of pages16
Journal岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Issue number35
Publication statusPublished - 2013

Cite this

@article{9736462f6228445e8739e58cd925beb1,
title = "《推量》と《説明》―テクストにおける「にちがいない」をともなう文の機能―",
author = "Kazuhito Miyazaki",
year = "2013",
language = "Japanese",
pages = "23--38",
journal = "岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要",
number = "35",

}

TY - JOUR

T1 - 《推量》と《説明》―テクストにおける「にちがいない」をともなう文の機能―

AU - Miyazaki, Kazuhito

PY - 2013

Y1 - 2013

M3 - Article

SP - 23

EP - 38

JO - 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要

JF - 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要

IS - 35

ER -