抗生物質による無核化処理がマスカット・オブ・アレキサンドリア幼果の発育とオーキシン及びジベレリン活性に及ぼす影響

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)2-7
Number of pages6
Journal日本ブドウ・ワイン学会誌
Volume11
Publication statusPublished - 2000

Cite this

@article{950dcec762de401e9871d2978c20a14f,
title = "抗生物質による無核化処理がマスカット・オブ・アレキサンドリア幼果の発育とオーキシン及びジベレリン活性に及ぼす影響",
author = "Ken Hirano",
year = "2000",
language = "Japanese",
volume = "11",
pages = "2--7",
journal = "日本ブドウ・ワイン学会誌",

}

TY - JOUR

T1 - 抗生物質による無核化処理がマスカット・オブ・アレキサンドリア幼果の発育とオーキシン及びジベレリン活性に及ぼす影響

AU - Hirano, Ken

PY - 2000

Y1 - 2000

M3 - Article

VL - 11

SP - 2

EP - 7

JO - 日本ブドウ・ワイン学会誌

JF - 日本ブドウ・ワイン学会誌

ER -