循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2005-2006年度合同研究班報告) QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン

Satoshi Nagase

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)1205-1270
Number of pages66
JournalCirculation Journal
Volume71
Issue numberSupplIV
Publication statusPublished - 2007

Cite this

@article{3964514b17a34174a3e93f46fc48efcd,
title = "循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2005-2006年度合同研究班報告) QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン",
author = "Satoshi Nagase",
year = "2007",
language = "Japanese",
volume = "71",
pages = "1205--1270",
journal = "Circulation Journal",
number = "SupplIV",

}

TY - JOUR

T1 - 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2005-2006年度合同研究班報告) QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン

AU - Nagase, Satoshi

PY - 2007

Y1 - 2007

M3 - Article

VL - 71

SP - 1205

EP - 1270

JO - Circulation Journal

JF - Circulation Journal

IS - SupplIV

ER -