当科における歯科インプラント前処置としての骨増量術を行った症例の病診連携の検討.

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)219-222
Number of pages4
Journal日本顎顔面インプラント学会誌
Volume6
Issue number3
Publication statusPublished - 2007

Cite this

@article{72555243dce649409a9b5628ae3c52d6,
title = "当科における歯科インプラント前処置としての骨増量術を行った症例の病診連携の検討.",
author = "Nobuyoshi Mizukawa",
year = "2007",
language = "Japanese",
volume = "6",
pages = "219--222",
journal = "日本顎顔面インプラント学会誌",
number = "3",

}

TY - JOUR

T1 - 当科における歯科インプラント前処置としての骨増量術を行った症例の病診連携の検討.

AU - Mizukawa, Nobuyoshi

PY - 2007

Y1 - 2007

M3 - Article

VL - 6

SP - 219

EP - 222

JO - 日本顎顔面インプラント学会誌

JF - 日本顎顔面インプラント学会誌

IS - 3

ER -