婦人科疾患周術期における血栓症予測マーカーとしての可溶性フィブリンモノマーの意義.

Tomoyuki Kusumoto

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)149-156
Number of pages8
Journal第9回TTMフォーラム記録
Publication statusPublished - 2010

Cite this

@article{47387f83c29d4c028144ccebe1b2f272,
title = "婦人科疾患周術期における血栓症予測マーカーとしての可溶性フィブリンモノマーの意義.",
author = "Tomoyuki Kusumoto",
year = "2010",
language = "Japanese",
pages = "149--156",
journal = "第9回TTMフォーラム記録",

}

TY - JOUR

T1 - 婦人科疾患周術期における血栓症予測マーカーとしての可溶性フィブリンモノマーの意義.

AU - Kusumoto, Tomoyuki

PY - 2010

Y1 - 2010

M3 - Article

SP - 149

EP - 156

JO - 第9回TTMフォーラム記録

JF - 第9回TTMフォーラム記録

ER -