外来がん化学療法における薬剤師の関与のあり方 -外来がん化学療法コーディネート薬剤師による疑義照会の必要性-.

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)66-68
Number of pages3
Journal岡山県病院薬剤師会会報
Volume49
Issue number3
Publication statusPublished - 2008

Cite this

@article{8a1c52c9a0e44b25a07cf9543164bb2e,
title = "外来がん化学療法における薬剤師の関与のあり方 -外来がん化学療法コーディネート薬剤師による疑義照会の必要性-.",
author = "Toshiaki Sendou",
year = "2008",
language = "Japanese",
volume = "49",
pages = "66--68",
journal = "岡山県病院薬剤師会会報",
number = "3",

}

TY - JOUR

T1 - 外来がん化学療法における薬剤師の関与のあり方 -外来がん化学療法コーディネート薬剤師による疑義照会の必要性-.

AU - Sendou, Toshiaki

PY - 2008

Y1 - 2008

M3 - Article

VL - 49

SP - 66

EP - 68

JO - 岡山県病院薬剤師会会報

JF - 岡山県病院薬剤師会会報

IS - 3

ER -