嚥下障害を有する岡山大学病院頭頸部がんセンターの患者に対して厳重なラバーダム装着がコンポジットレジン修復に有効であった症例(共著)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)65-70
Number of pages6
Journal岡山歯学会雑誌
Volume32
Issue number2
Publication statusPublished - 2013

Cite this

@article{6fa71f005b514e1b8c53467a35f857af,
title = "嚥下障害を有する岡山大学病院頭頸部がんセンターの患者に対して厳重なラバーダム装着がコンポジットレジン修復に有効であった症例(共著)",
author = "Kumiko Tanaka",
year = "2013",
language = "Japanese",
volume = "32",
pages = "65--70",
journal = "岡山歯学会雑誌",
number = "2",

}

TY - JOUR

T1 - 嚥下障害を有する岡山大学病院頭頸部がんセンターの患者に対して厳重なラバーダム装着がコンポジットレジン修復に有効であった症例(共著)

AU - Tanaka, Kumiko

PY - 2013

Y1 - 2013

M3 - Article

VL - 32

SP - 65

EP - 70

JO - 岡山歯学会雑誌

JF - 岡山歯学会雑誌

IS - 2

ER -