初診時アンケートにおける顎関節症患者の主許と細病態分類-形態ベースの分類による治療指針で対応できない主許について-(共著)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)19-19
Number of pages1
Journal第12回日本顎頭蓋機能学会学術大会プログラム
Publication statusPublished - 1998

Cite this

@article{cd4d0ec622534da3a1d2cfa883e8f9b2,
title = "初診時アンケートにおける顎関節症患者の主許と細病態分類-形態ベースの分類による治療指針で対応できない主許について-(共著)",
author = "Kenji Maekawa",
year = "1998",
language = "Japanese",
pages = "19--19",
journal = "第12回日本顎頭蓋機能学会学術大会プログラム",

}

TY - JOUR

T1 - 初診時アンケートにおける顎関節症患者の主許と細病態分類-形態ベースの分類による治療指針で対応できない主許について-(共著)

AU - Maekawa, Kenji

PY - 1998

Y1 - 1998

M3 - Article

SP - 19

EP - 19

JO - 第12回日本顎頭蓋機能学会学術大会プログラム

JF - 第12回日本顎頭蓋機能学会学術大会プログラム

ER -