「介護体験の構造:在宅介護支援効果の最大化にかかわる要因の探求」,(4)要介護高齢者および介護者の健康度の変化

Masumi Nishida

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)175-186
Number of pages12
Journal平成14?17年度科学研究費補助金研究成果報告書
Publication statusPublished - 2006

Cite this

@article{fc7537fc7b69443a9fb09a36609fb380,
title = "「介護体験の構造:在宅介護支援効果の最大化にかかわる要因の探求」,(4)要介護高齢者および介護者の健康度の変化",
author = "Masumi Nishida",
year = "2006",
language = "Japanese",
pages = "175--186",
journal = "平成14?17年度科学研究費補助金研究成果報告書",

}

TY - JOUR

T1 - 「介護体験の構造:在宅介護支援効果の最大化にかかわる要因の探求」,(4)要介護高齢者および介護者の健康度の変化

AU - Nishida, Masumi

PY - 2006

Y1 - 2006

M3 - Article

SP - 175

EP - 186

JO - 平成14?17年度科学研究費補助金研究成果報告書

JF - 平成14?17年度科学研究費補助金研究成果報告書

ER -