リポポリサッカライドによるマウス脾臓ヒスチヂン脱炭酸酵素活性の誘導に対するアルカロイド製剤セファランチンの影響

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)7-10
Number of pages4
Journal医学と生物学
Volume140
Issue number1
Publication statusPublished - 2000

Cite this

@article{2844a69df6854a978b964270c4a5d5d5,
title = "リポポリサッカライドによるマウス脾臓ヒスチヂン脱炭酸酵素活性の誘導に対するアルカロイド製剤セファランチンの影響",
author = "Chiharu Sogawa",
year = "2000",
language = "Japanese",
volume = "140",
pages = "7--10",
journal = "医学と生物学",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - リポポリサッカライドによるマウス脾臓ヒスチヂン脱炭酸酵素活性の誘導に対するアルカロイド製剤セファランチンの影響

AU - Sogawa, Chiharu

PY - 2000

Y1 - 2000

M3 - Article

VL - 140

SP - 7

EP - 10

JO - 医学と生物学

JF - 医学と生物学

IS - 1

ER -