リアルタイムin vivoイメージングシステムでの緑膿菌マウス大腿部感染モデルに対するビアペネムの有効性評価.

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)118-122
Number of pages5
Journal緑膿菌感染症研究会講演記録
Volume43
Publication statusPublished - 2009

Cite this

@article{e4723031ff6e481ca3c7afda3d3fcdca,
title = "リアルタイムin vivoイメージングシステムでの緑膿菌マウス大腿部感染モデルに対するビアペネムの有効性評価.",
author = "Toyohiko Watanabe",
year = "2009",
language = "Japanese",
volume = "43",
pages = "118--122",
journal = "緑膿菌感染症研究会講演記録",

}

TY - JOUR

T1 - リアルタイムin vivoイメージングシステムでの緑膿菌マウス大腿部感染モデルに対するビアペネムの有効性評価.

AU - Watanabe, Toyohiko

PY - 2009

Y1 - 2009

M3 - Article

VL - 43

SP - 118

EP - 122

JO - 緑膿菌感染症研究会講演記録

JF - 緑膿菌感染症研究会講演記録

ER -