ポリ塩化ビニル製およびポリブタジエン製輸液チューブへのタクロリムスの収着性と収着による血中濃度および投与量に対する影響

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)216-224
Number of pages9
Journal医療薬学
Volume29
Publication statusPublished - 2003

Cite this

@article{efd20c34e9534c85aa4cedb4dd9d92e6,
title = "ポリ塩化ビニル製およびポリブタジエン製輸液チューブへのタクロリムスの収着性と収着による血中濃度および投与量に対する影響",
author = "Yoshihisa Kitamura",
year = "2003",
language = "Japanese",
volume = "29",
pages = "216--224",
journal = "医療薬学",
publisher = "日本医療薬学会",

}

TY - JOUR

T1 - ポリ塩化ビニル製およびポリブタジエン製輸液チューブへのタクロリムスの収着性と収着による血中濃度および投与量に対する影響

AU - Kitamura, Yoshihisa

PY - 2003

Y1 - 2003

M3 - Article

VL - 29

SP - 216

EP - 224

JO - 医療薬学

JF - 医療薬学

ER -