プロポフォールおよびレミフェンタニルを用いた鎮静法によって歯科治療時の異常絞扼反射が脱感作傾向を呈した症例

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)46-47
Number of pages2
Journal日本歯科麻酔学会雑誌
Volume40
Issue number1
Publication statusPublished - 2012

Cite this

@article{80fee28ff5234565b0510b5d95cc0b33,
title = "プロポフォールおよびレミフェンタニルを用いた鎮静法によって歯科治療時の異常絞扼反射が脱感作傾向を呈した症例",
author = "Shigeru Maeda",
year = "2012",
language = "Japanese",
volume = "40",
pages = "46--47",
journal = "日本歯科麻酔学会雑誌",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - プロポフォールおよびレミフェンタニルを用いた鎮静法によって歯科治療時の異常絞扼反射が脱感作傾向を呈した症例

AU - Maeda, Shigeru

PY - 2012

Y1 - 2012

M3 - Article

VL - 40

SP - 46

EP - 47

JO - 日本歯科麻酔学会雑誌

JF - 日本歯科麻酔学会雑誌

IS - 1

ER -