フランス革命における公的扶助理論の形成―立憲議会から立法議会へ(2・完)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)41-94
Number of pages54
Journal岡山大学法学会雑誌
VolumeVol.57
Issue numberissue 1
Publication statusPublished - 2007

Cite this

フランス革命における公的扶助理論の形成―立憲議会から立法議会へ(2・完). / Hatano, Satoshi.

In: 岡山大学法学会雑誌, Vol. Vol.57, No. issue 1, 2007, p. 41-94.

Research output: Contribution to journalArticle

@article{456456dc19d847ec8ef0d563c6c7fe39,
title = "フランス革命における公的扶助理論の形成―立憲議会から立法議会へ(2・完)",
author = "Satoshi Hatano",
year = "2007",
language = "Japanese",
volume = "Vol.57",
pages = "41--94",
journal = "岡山大学法学会雑誌",
publisher = "岡山大学法学会",
number = "issue 1",

}

TY - JOUR

T1 - フランス革命における公的扶助理論の形成―立憲議会から立法議会へ(2・完)

AU - Hatano, Satoshi

PY - 2007

Y1 - 2007

M3 - Article

VL - Vol.57

SP - 41

EP - 94

JO - 岡山大学法学会雑誌

JF - 岡山大学法学会雑誌

IS - issue 1

ER -