バスキュラーアクセス再循環率を示す“クリアランスギャップ”を基準とした透析処方とバスキュラーアクセスの管理

Toyomu Ugawa

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)23-28
Number of pages6
Journal医工学治療
Volume21
Issue number1
Publication statusPublished - 2009

Cite this

@article{360221f7b58741648d0805abae1d7b11,
title = "バスキュラーアクセス再循環率を示す“クリアランスギャップ”を基準とした透析処方とバスキュラーアクセスの管理",
author = "Toyomu Ugawa",
year = "2009",
language = "Japanese",
volume = "21",
pages = "23--28",
journal = "医工学治療",
number = "1",

}

TY - JOUR

T1 - バスキュラーアクセス再循環率を示す“クリアランスギャップ”を基準とした透析処方とバスキュラーアクセスの管理

AU - Ugawa, Toyomu

PY - 2009

Y1 - 2009

M3 - Article

VL - 21

SP - 23

EP - 28

JO - 医工学治療

JF - 医工学治療

IS - 1

ER -