ドイツ法における「評価宣誓」の機能―損害額の審理過程における当事者の行為規律に関する基礎的考察―

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)209-237
Number of pages29
Journal福永有利先生古希記念『企業紛争と民事手続法理論』
Publication statusPublished - 2005

Cite this

@article{4d9fd41c40994c40ba72c98e15801732,
title = "ドイツ法における「評価宣誓」の機能―損害額の審理過程における当事者の行為規律に関する基礎的考察―",
author = "Toshiaki Itou",
year = "2005",
language = "Japanese",
pages = "209--237",
journal = "福永有利先生古希記念『企業紛争と民事手続法理論』",

}

TY - JOUR

T1 - ドイツ法における「評価宣誓」の機能―損害額の審理過程における当事者の行為規律に関する基礎的考察―

AU - Itou, Toshiaki

PY - 2005

Y1 - 2005

M3 - Article

SP - 209

EP - 237

JO - 福永有利先生古希記念『企業紛争と民事手続法理論』

JF - 福永有利先生古希記念『企業紛争と民事手続法理論』

ER -