タンニンの活性酵素によるラット腹腔肥満細胞からのヒスタミン遊離に対する抑制効果(共著)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)207-207
Number of pages1
Journal日本薬理学雑誌
Volume106
Issue numbersuppl.1
Publication statusPublished - 1995

Cite this

@article{a85d75c9ff404d8aa92d072b8f365c2c,
title = "タンニンの活性酵素によるラット腹腔肥満細胞からのヒスタミン遊離に対する抑制効果(共著)",
author = "Tsutomu Hatano",
year = "1995",
language = "Japanese",
volume = "106",
pages = "207--207",
journal = "日本薬理学雑誌",
number = "suppl.1",

}

TY - JOUR

T1 - タンニンの活性酵素によるラット腹腔肥満細胞からのヒスタミン遊離に対する抑制効果(共著)

AU - Hatano, Tsutomu

PY - 1995

Y1 - 1995

M3 - Article

VL - 106

SP - 207

EP - 207

JO - 日本薬理学雑誌

JF - 日本薬理学雑誌

IS - suppl.1

ER -