セファランチンはメタロチオネイン誘導を介してシスプラチン誘発腎毒性を軽減する.

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)107-109
Number of pages3
Journalアルカロイド研究会誌
Volume32
Publication statusPublished - 2006

Cite this

@article{aea61a8a45ec46e2b423c74f8324c869,
title = "セファランチンはメタロチオネイン誘導を介してシスプラチン誘発腎毒性を軽減する.",
author = "Chiharu Sogawa",
year = "2006",
language = "Japanese",
volume = "32",
pages = "107--109",
journal = "アルカロイド研究会誌",

}

TY - JOUR

T1 - セファランチンはメタロチオネイン誘導を介してシスプラチン誘発腎毒性を軽減する.

AU - Sogawa, Chiharu

PY - 2006

Y1 - 2006

M3 - Article

VL - 32

SP - 107

EP - 109

JO - アルカロイド研究会誌

JF - アルカロイド研究会誌

ER -